TOP

あなたも当サイトの風俗体験談をご覧いただければ風俗マスターになれる!

処女ヘルス嬢だと言い張った西川口の女の子

いやはや…本当に意外というかむしろ未だに信じられない話ですが、でも確かめる術もないので彼女の言葉を信じるしかないんですけど、この前西川口のヘルス店に入ったヘルス嬢のEちゃんは処女だって言うんですよ。
正直、自分としてはあまり信じられなかったんです。処女が選ぶ仕事じゃないだろうって気持ちがあったんです。でも指入れはNG。そういった所に具体性を出してこちらのイマジネーションを刺激しているんじゃないのかなって思ったんです。でも、それって結局自己申告次第じゃないですか(笑)本当に確かめるためには実際に彼女を抱くしかないと思うんですけど、でもそれは出来ないんです。だから彼女の言葉を信じるしかないんですけど、おかげでずっと「本当に処女なのか?」っていうことだけが頭をよぎっていました。つまりは彼女の勝利なんでしょうね(笑)だってそこで「有り得ない」で終わっていれば何もなかったんです。でもこうしてずっと彼女のことを考えてしまう…。彼女、相当やり手なヘルス嬢ですよね。

年上のヘルス嬢は堪らない存在だと実感した

改めて年上というのはとても素晴らしい存在なんだなってことに気付かされたような気がします。自分のよく行く西川口のヘルスでは時々年上のお世話になるんですけど、若い女の子とはまた違った魅力がありますよね。どちらが好きとか優れているとかではなく、それぞれ違った魅力があるんじゃないかなと思っています。
若い女の子を相手にすると男としていろいろな部分がドキドキするじゃないですか。ヘルスと言う事を忘れて心を奪われてしまうようなシチュエーションもありますけど、年上の場合はこちらをしっかりと楽しませてくれるべく様々なテクニックを見せつけてくれるじゃないですか。若い女の子との時間がヘルスだと忘れるかのような展開なら、年上との時間はヘルスって素晴らしいなって認識させてくれる時間なんじゃないかなって思うんですよね。それ位いろいろなことを楽しませてくれるので、やっぱり年上って存在はそれだけで魅力的なんだなって。